TOP > 公演情報 > さいたまネクスト・シアターØ(ゼロ) 世界最前線の演劇1『ジハード ―Djihad― 』

彩の国さいたま芸術劇場 |

演劇

さいたまネクスト・シアターØ(ゼロ)
世界最前線の演劇1          『ジハード ―Djihad― 』

さいたまネクスト・シアターが新たな取り組みをスタート!
「世界最前線の演劇」をお届けします。
 

2018年6月23日(土)~7月1日(日)

チケットインフォメーション
【一般発売】

2018年3月24日(土)

【メンバーズ発売】

2018年3月17日(土)

予断を許さない状況が続く世界情勢の中、紛争、テロ、難民問題などを抱える地域では現状を背景に描かれた戯曲が多数生み出されています。そこにはニュースではなかなか届けられない、大きな問題の中で暮らす人々の困惑や翻弄される姿が等身大で描かれています。
今公演では、国際演劇協会日本センターと共同して、世界各地で生まれている優れた同時代の戯曲を上演により紹介するとともに、舞台作品を通じてその切実な「声」を伝え、様々な問題への理解を深め、考える機会を創り出したいと考えます。

 
第1弾は、今演劇界が注目する劇作家・演出家のひとりである瀬戸山美咲を演出に迎え、モロッコ系移民2世というバックグラウンドを持つベルギー出身の作家イスマエル・サイディが、生まれ持った宗教や人種により偏見や差別に苦しむ移民2世の青年たちの寄る辺ない心や不条理な現状を、ユーモアを織り交ぜながら率直に描いた『ジハード』をお届けします。
本作は2014年12月にベルギーで初演され、ベルギー政府が公認しベルギー国内の学校で教育の一環として上演されているほか、現在もヨーロッパ各地で上演され続けています。

瀬戸山美咲とさいたまネクスト・シアターの熱いコラボレーションにご期待ください!

あらすじ

ブリュッセルに住む移民2世の若者、ベンとレダとイスマエル。3人はそれぞれ、好きな女性がイスラム教徒でないことから結婚が暗礁に載り上げたり、自分の好きな音楽がイスラムの教えに反しているのではないかと悩みを抱えるなど、ヨーロッパ社会の移民コミュニティで暮らすことの息苦しさから逃がれるように「ジハード(聖戦)」に参戦することを決意し、ベルギーから内戦の続くシリアへ向かうが……。彼らはなぜ、ジハードへ向かうのか。
 

公演インフォメーション

公演日時

※開場は開演の20分前です。
※開場時間よりチケットに記載されている整理番号順のご入場となります。開場時間を過ぎますと整理番号は無効になります。

会場

彩の国さいたま芸術劇場 NINAGAWA STUDIO (大稽古場)

※仮設客席での上演のため、椅子の形状が通常と異なります。
※車椅子でご来場の方は、公演前日までに彩の国さいたま芸術劇場0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)までご連絡ください。

イスマエル・サイディ

翻訳

田ノ口誠悟

演出

瀬戸山美咲

出演

さいたまネクスト・シアターØ(ゼロ)
堀 源起 竪山隼太 鈴木彰紀 /小久保寿人

主催・企画・制作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

ベルギー大使館

企画協力

公益財団法人国際演劇協会 日本センター

託児

本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております。
(2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

レストラン・サービス


ご予約・お問合せ:TEL.048-854-1170(火曜~日曜10:00~20:00)


※本公演のチケット半券提示で、公演終了後に下記のサービスを実施します。
(半券の公演当日のみ有効)
■劇場1階「イタリアンレストラン・ペペロネ」
・ケーキセット 100円引き(750円→650円税別)
・お食事をご注文すると、ビールかワインあるいはソフトドリンクいずれか1杯サービス
 
※差し入れ用の楽屋花やスタンド花の手配も承ります。お気軽にご相談ください。
※劇場内にはペペロネカフェも併設しています。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】整理番号付
一般 3,000円/メンバーズ 2,700円/U-25 2,000円
※U-25:25歳以下対象/劇場のみ取扱/要身分証明書

*開場時間よりチケットに記載されている整理番号順のご入場となります。
*開場時間を過ぎますと整理番号は無効になります。

発売日

【一般】2018年3月24日(土)
【メンバーズ】2018年3月17日(土)

プロフィール

Ismaël Saïdi(イスマエル・サイディ)

劇作家、演出家、俳優。1976年、モロッコ系移民の子として、ベルギー首都圏のサン=ジョス=タン=ノードで生まれ、ブリュッセル近郊のスカールベークで育つ。広報学、社会科学を大学で学んだのち、短編映画の脚本執筆、監督をはじめる。主な短編映画作品には以下がある:『ある者達、それに対する他の者達 Les uns contre les autres』『マリー・マドレーヌ Marie-Madelaine』、『ひどい騒音 Beaucoup de bruit』、『不条理と逃れる者 Absurde et Loin des yeux』 。 テレビ映画『リムー Rhimou』は、モロッコにおいて多くの視聴者に受け入れられた。
2010年には、自身初の長編映画『アハメッド・ガショー Ahmed Gassiaux』を公開(監督・脚本)。
2013年11月に劇場公開された、多文化性を主題にした喜劇である長編映画『モロッコのジゴロたち Morrocan Gogolo’s』は、フランス語圏ベルギーのボックス・オフィスを席巻し、第五回マグリット映画賞を受賞した。
『ジハード』は彼の三作目の戯曲であり、アヴィニョン・フェスティヴァルで成功した作品『これはもうカップルじゃない』に続く注目作である。

『ジハード(Djihad)』オフィシャルホームページはこちら

profile
瀬戸山美咲(せとやま・みさき)/Misaki Setoyama

1977年、東京都生まれ。
早稲田大学政治経済学部卒。 
2001年、ミナモザを旗揚げ。現実の事象を通して、社会と人間の関係を描く。
代表作に振り込め詐欺集団をジェンダー的視点から描いた『エモーショナルレイバー』、
震災後の自分自身を描いたドキュメンタリー演劇『ホットパーティクル』、心の基準値を巡る短編『指』、
架空の原発事故を描いたドイツの小説の舞台化『みえない雲』など。
動物愛護センターに辿り着いた犬と人間を描いたリーディング劇『ファミリアー』は地域の劇場や小中学校での上演を重ねている。
2014年、パキスタンで起きた日本人大学生誘拐事件を描いた『彼らの敵』が第58回岸田國士戯曲賞最終候補となる。 
2016年、同作品の再演が第23回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。
同年、ラジオドラマ『あいちゃんは幻』で第42回放送文化基金賞脚本賞受賞。
世田谷パブリックシアターのワークショップなどコミュニティの人々とつくる演劇にも継続的に携わる。
日本劇作家協会運営委員。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.73
P.7 世界最前線の演劇×さいたまネクスト・シアター 待望の新シリーズがスタート! さいたまネクスト・シアターØ (ゼロ)世界最前線の演劇1『ジハード-Djihad-』



【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFチケットオンライン
 一般の方はこちら
 SAFメンバーズの方はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。
■窓口
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
・埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
■プレイガイド
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ http://t.pia.jp
 

【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER
施設利用について チケット情報

◎ チケット購入方法

チケット購入方法

◎ 公演カレンダー

2018

02

    12 3
4 5678 9 10
11 12 1314151617
18 192021222324
25 262728   

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踏
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室

◎ 休館日

2017

4月 10(月)・17(月)
5月 8(月)・15(月)・22(月)
6月 12(月)・19(月)・28(水)・29(木)
7月 3(月)・10(月)
8月 14(月)・28(月)
9月 4(月)・11(月)・25(月)
10月 16(月)・23(月)・30(月)・31(火)
11月 6(月)・13(月)・27(月)
12月 4(月)・11(月)・18(月)・30(土)・31(日)

2018

1月 1(月)・2(火)・3(水)・9(火)・15(月)・22(月)
2月 5(月)・13(火)・19(月)・26(月)
3月 12(月)・19(月)
pagetop