TOP > 財団について

財団について

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団は、芸術文化の一層の振興を図り、真に豊かさとゆとりを実感できる県民生活の実現を目指すため、

  • 演劇、舞踊、音楽を中心とした舞台芸術作品の創造・発信
  • ホールや練習室等の貸し出しによる芸術文化に係る活動及び発表の場の提供
  • 舞台技術研修の実施等による人材育成や芸術文化活動の支援

などの事業を行っております。

彩の国さいたま芸術劇場、埼玉会館を、指定管理者として管理運営しており、芸術性の高い作品を創造・発信しております。

  • 理事長ごあいさつ
  • 芸術監督ごあいさつ
  • 計画書・報告書等
  • 定款
  • 財団組織図
  • 役員名簿
  • 評議員名簿

沿革

昭和54年(1979)8月 県文化団体連合会が知事に県民芸術劇場(仮称)建設要望書を提出
昭和58年(1983)3月~
昭和60年(1985)3月
県民芸術劇場(仮称)基本構想検討委員会における検討
昭和60年(1985)7月~
昭和62年(1987)3月
県民芸術劇場(仮称)基本計画策定委員会における検討
昭和63年(1988)2月~
平成元年(1989)2月
県民芸術劇場(仮称)県計画策定検討委員会における検討
平成元年(1989)3月 県民芸術劇場(仮称)基本計画策定
平成3年(1991)12月~
平成6年(1994)3月
建設工事
平成5年(1993)7月1日 財団法人埼玉県芸術文化振興財団設立
平成6年(1994)4月1日 埼玉県から「彩の国さいたま芸術劇場」、「埼玉会館」の管理を受託
平成10年(1998)4月1日 埼玉県から「熊谷会館」の管理を受託
平成18年(2006)4月1日~
27年(2015)3月31日
埼玉県から「彩の国さいたま芸術劇場」、「埼玉会館」、 「熊谷会館」の指定管理者としての指定を受ける。
平成23年(2011)4月1日 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団へ移行
平成27年(2015)4月1日~平成32年(2020)3月31日 埼玉県から「彩の国さいたま芸術劇場」及び、「埼玉会館」の指定管理者として指定を受ける。(「熊谷会館」は平成27年3月31日に廃止、閉館)
財団について
  • 理事長ごあいさつ
  • 芸術監督ごあいさつ
  • 計画書・報告書等

◎ チケット情報

◎ チケット購入方法

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ 劇場公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踊
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室
pagetop