埼玉会館

シネマ・イベント

彩の国シネマスタジオ 埼玉会館上映会
『万引き家族』

2019年9月
 13日(金) 10:30/14:30/18:30

※前売券なし・当日現金支払いのみ・全席自由・各回入替制・整理券制


家族を描き続けてきた是枝裕和監督が、”家族を超えた絆"を描く・・・・けっして明かしてはならない、ある一家の秘密が紐解かれていくうちに、未体験の心の震えが押し寄せてくる衝撃の感動作!

2018年第71回カンヌ国際映画祭 最高賞 パルムドール受賞作品が、早くも埼玉会館のスクリーンに!


日本アカデミー賞最優秀賞最多6冠という快挙を成し遂げた『三度目の殺人』の興奮も冷めやらぬうちに、是枝裕和監督は「10年くらい自分なりに考えて来たことを全部この作品に込めようと、そんな覚悟で臨みました」と自ら語る、入魂の作品を完成させた。丹念に積み重ねられてきたフィルモグラフィーの、さらに一つ重要な位置を占める一本だ。

今度の主役は、犯罪でしかつながれなかった家族。教養も甲斐性もなく息子に教えられることといえば盗みしかないないが、情が深く憎めない父をリリー・フランキー。『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか数々の賞を受賞した安藤サクラが、その妻を演じる。そしてJK見学店で働く彼女の妹を松岡茉優、祖母を樹木希林。さらに池松壮亮、高良健吾、池脇千鶴、柄本明、緒形直人と、実力派俳優達が集まった。

生計を立てるため、家族ぐるみで軽犯罪を重ねていくうちに、一層強く結ばれる一家。だがそれは、許されない絆だった。人と人との関係が希薄な今の時代に、『誰も知らない』『そして父になる』など様々な家族の形を真摯に見つめ続けてきた是枝監督だからこそ描ける、真の”つながり”とは何か、を問う衝撃の感動作。

あらすじ

高層マンションの谷間にポツンと取り残された今にも壊れそうな平屋に、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀の4人が転がり込んで暮らしている。彼らの目当ては、この家の持ち主である初枝の年金だ。足りない生活品は、万引きで賄っていた。社会という海の底の這うような家族だが、なぜかいつも笑いが絶えず、互いに口は悪いが仲良く暮らしていた。

冬のある日、近隣の団地の廊下で震えていた幼い女の子を、見かけた治が家に連れ帰る。体中傷だらけの彼女の境遇を思いやり、信代は娘として育てることにする。だが、ある事件をきっかけに家族はバラバラに引き裂かれ、それぞれが抱える秘密と切なる願いが次々と明らかになっていく……。

公演インフォメーション

日時

2019年9月
13日(金)10:30/14:30/18:30

会場

埼玉会館 小ホール

作品情報

【監督・脚本・編集】是枝 裕和

【撮影】近藤 龍人 

【音楽】細野 晴臣

【出演】リリー・フランキー、安藤サクラ/松岡茉優、池松壮亮、城桧吏、佐々木みゆ/緒形直人、森口瑤子、山田裕貴、片山萌美/柄本明、高良健吾、池脇千鶴/樹木希林

(2018年/日本/PG12/120分)

主催

特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

提携

埼玉会館

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】
大人1,000円/学生500円*
※前売券なし・当日現金支払いのみ・各回入替制・整理券制
*学生証を確認する場合がございます。

 

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。