彩の国さいたま芸術劇場

演劇

さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇2 [ドイツ/イスラエル]『第三世代』

『第三世代』[ドイツ/イスラエル]


『ジハード ―Djihad―』に次ぐ第2弾。
ドイツ・イスラエル・パレスチナを巡る対立の根源を探ろうとするホロコーストを体験していない“第三世代”の若者たち。イスラエルを代表する最も刺激的な演出家ヤエル・ロネンが手掛けた本作に挑みます。
 
2018年11月8日(木)~18日(日)  
全公演、終演後アフタートークあり。(20分間予定) 
※当日券は、各回開演の30分前より会場受付にて販売いたします。

チケットインフォメーション

一般発売

2018年9月1日(土)

メンバーズ発売

2018年8月25日(土)

チケットの購入方法

当日券あり

「世界最前線の演劇」は、11月に第2弾としてドイツ・シャウビューネ劇場とテルアビブ・ハビマ劇場共同製作の『第三世代』を上演いたします。

予断を許さない状況が続く世界情勢の中、紛争、テロ、難民問題などを抱える地域では現状を背景した戯曲が多数生み出されています。そこにはニュースではなかなか届けられない、そこで暮らす人々の困惑や翻弄される姿が等身大で描かれています。
私たちは舞台作品を通じて、世界中にある様々な問題への理解を深め考える機会を創り出したいと考えます。本企画では、故・蜷川幸雄氏のもとで研鑽を積んできたさいたまネクスト・シアターが、ギリシャ悲劇やシェイクスピア作品、日本の現代古典劇を上演し培ってきた「蒼白の少年少女」(現代のナイーブな若者たち)ならではの感性と肉体性をもって世界の同時代演劇に挑みます。

第2弾は、演劇界の注目を集める社会派の劇作家・演出家のひとりである中津留章仁氏を演出に迎え、ドイツ・イスラエル・パレスチナを巡る対立の根源を探ろうとするホロコーストとナクバの後の第三世代の若者たちの姿を描いた『第三世代』を上演いたします。
ドイツとイスラエルでそれぞれの国の俳優が参加し、俳優たちが自身と役の間を往還する大胆な手法を用いて2008年にワーク・イン・プログレスとして初演され、大きな注目を集めた話題作です。

中津留章仁とさいたまネクスト・シアターがタッグを組んで挑む本作にどうぞご期待ください。

公演インフォメーション

公演日時

※開場は開演の20分前です。
※開場時間よりチケットに記載されている整理番号順のご入場となります。開場時間を過ぎますと整理番号は無効になります。
※終演後アフタートークあり。(20分間予定) 

上演時間

約2時間 予定(休憩なし)
※全公演、終演後にアフタートークあり。(20分間予定)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 NINAGAWA STUDIO (大稽古場)

※特設劇場での上演のため、椅子の形状が通常と異なります。
※車椅子でご来場の方は、公演前日までに彩の国さいたま芸術劇場0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)までご連絡ください。

ヤエル・ロネン&ザ・カンパニー

翻訳

新野守広

演出

中津留章仁

出演

さいたまネクスト・シアター
周本絵梨⾹ ⼿打隆盛 松⽥慎也 内⽥健司 續⽊淳平 阿部 輝 井上⼣貴
佐藤 蛍 ⾼橋英希 / 清瀬ひかり(劇団⻘年座)

主催・企画・制作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

助成

文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
独立行政法人日本芸術文化振興会

企画協力

公益社団法人国際演劇協会 日本センター

フェスティバル/トーキョー18 連携プログラム

託児

本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております。
(2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

レストラン・サービス


ご予約・お問合せ:TEL.048-854-1170(火曜~日曜10:00~20:00)


※本公演のチケット半券提示で、公演終了後に下記のサービスを実施します。
(半券の公演当日のみ有効)
■劇場1階「イタリアンレストラン・ペペロネ」
・ケーキセット 100円引き(750円→650円税別)
・お食事をご注文すると、ビールかワインあるいはソフトドリンクいずれか1杯サービス
 
※差し入れ用の楽屋花やスタンド花の手配も承ります。お気軽にご相談ください。
※劇場内にはペペロネカフェも併設しています。

関連企画

【『第三世代』関連企画】 全公演、終演後にアフタートーク開催!(約20分間)

■11月8日(木):新野守広、細田和江、林英樹
■11月9日(金):中津留章仁、細田和江
■11月10日(土):中津留章仁、山本薫
■11月11日(日):村井華代、林英樹
■11月13日(火):關智子、林英樹
■11月14日(水):新野守広、林英樹
■11月15日(木):細田和江、林英樹
■11月16日(金):村井華代、林英樹
■11月17日(土):中津留章仁、關智子
■11月18日(日):新野守広、林英樹

<アフタートーク ゲスト・プロフィール>
新野守広(にいの・もりひろ)
国際演劇評論家協会(AICT)日本センター元会長。ドイツ語圏の演劇の翻訳・研究に携わる。著書に『演劇都市ベルリン』、『知ってほしい国ドイツ』。訳書に『ポストドラマ演劇』(共訳)、『最後の炎』、『ガウク自伝』など多数。第2回小田島雄志・翻訳戯曲賞受賞。立教大学教授。

細田和江(ほそだ・かずえ)
中央大学大学院総合政策研究科博士後期課程修了(博士)。イスラエルとパレスチナの文学・文化研究が専門。現在は東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所・特任助教。論文「ヘブライ文学からイスラエル文学への系譜」(『ユダヤ・イスラエル研究』30号、2016年)など。

村井華代(むらい・はなよ)
ヨーロッパを中心とした演劇理論研究者。明治大学大学院博士後期課程満期中退。早稲田大学演劇博物館21世紀COE助手を経て、現在共立女子大学教授。「しんぶん赤旗」劇評執筆者。反演劇主義思想の研究を機にユダヤ文化に着目、イスラエルを訪れたことが契機となり、近年はイスラエル演劇に特化し、その歴史と思想、現代的展開について研究をおこなっている。

山本薫(やまもと・かおる)
アラブ文学・文化研究者。東京外国語大学ほか講師。シリア、エジプトへの長期留学を経て、2002年に東京外国語大学より博士号(文学)取得。主な著作に『パレスチナを知るための60章』臼杵陽・鈴木啓之編著(分担執筆、明石書店、2016年)、訳書にエミール・ハビービー著『悲楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』(作品社、2006年)など。

關智子(せき・ともこ)
演劇研究者、批評家。早稲田大学他非常勤講師、演劇博物館招聘研究員。専門は演劇学、戯曲理論、現代西洋演劇。ナシーム・スレイマンプール『白いウサギ、赤いウサギ』翻訳。共著に『紛争地域から生まれた演劇』(ひつじ書房)。ヤエル・ロネン作品に関しては『第三世代』(2012年東京)、『コモン・グラウンド』(2015年ベルリン)の批評を執筆している。

 

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)

【全席自由】整理番号付
一般 3,000円/メンバーズ 2,700円/U-25 2,000円
※U-25:25歳以下対象/劇場のみ取扱/要身分証明書

*開場時間よりチケットに記載されている整理番号順のご入場となります。
*開場時間を過ぎますと整理番号は無効になります。

発売日

【一般】2018年9月1日(土)
【メンバーズ】2018年8月25日(土)

 

プロフィール

Yael Ronen(ヤエル・ロネン)
profile

1976年、エルサレムの演劇一家に生まれた。現在、イスラエルを代表する最も刺激的な演出家として、ベルリンとテル・アビブの両方を拠点に、ドイツ語圏で目覚しい活躍を展開している。俳優たちのグループと共にリサーチを行い、彼らの私的な経歴などを取り込む手法による作品を次々に発表して、世界的な評価を確立した。イスラエル、パレスチナ、ドイツの俳優が参加した『第三世代』(2008)は大反響を呼び、多くのフェスティバルに招聘された。『コモン・グラウンド』に続いて、2016年に『The Situation』でベルリン演劇祭に招待参加。2017年には、ベルリンのマキシム・ゴーリキー劇場にて『冬の旅』を初演。同年、世界演劇祭で国際演劇協会賞、第14回ヨーロッパ演劇賞(演劇におけるニュー・リアリティ部門)を受賞。

中津留章仁(なかつる・あきひと)/Akihito Nakatsuru
profile

1973年生まれ。大分県出身。TRASHMASTERS主宰。現代社会の抱える問題点と、そこで生きる人々の骨太で硬質な人間ドラマを描く。近年では劇団外への執筆と演出も多く手掛けている。日本劇作家協会副会長(2018年現在)。主な受賞歴に、紀伊國屋演劇賞個人賞、千田是也賞、読売演劇賞大賞選考委員特別賞、同優秀演出家賞など。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.76
P.6-7 さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇2『第三世代』 中津留章仁 Interview 取材・文◎今村麻子(演劇ライター) Photo◎片山貴博

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.77
P.6-7 さいたまネクスト・シアター 世界最前線の演劇2『第三世代』 ヤエル・ロネン Interview 取材・文◎今村麻子(演劇ライター) Photo◎片山貴博



【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFオンラインチケット
 一般の方はこちら
 SAFメンバーズの方はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。
■窓口
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
・埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
■プレイガイド
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ http://t.pia.jp
 0570-02-9999 (音声自動認識/Pコード:489-244)
 

【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。