• TOP
  • 催物情報
  • NHK交響楽団  下野竜也(指揮) 小山実稚恵(ピアノ)

NHK交響楽団 下野竜也(指揮) 小山実稚恵(ピアノ)

2019年11月2日(土) 16:00開演

チケットインフォメーション

一般発売

2019年5月25日(土)

メンバーズ発売

2019年5月18日(土)


 

公演インフォメーション

日時

2019年11月2日(土)16:00開演

会場

埼玉会館 大ホール

出演

下野竜也(指揮)、小山実稚恵(ピアノ)、NHK交響楽団(管弦楽)

曲目

ヴェルディ:歌劇《運命の力》序曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲《展覧会の絵》

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

さいたま市、NHKさいたま放送局

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)

【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-240-5000(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

 

チケットインフォメーション

料金
(税込)


※メンバーズおよびU-25は財団チケットセンター、埼玉会館のみ取り扱い

発売日

【一般】2019年5月25日(土)
【メンバーズ】2019年5月18日(土)

 

プロフィール

下野竜也(しもの・たつや)/指揮

1969年鹿児島生まれ。2000年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝と齋藤秀雄賞受賞、2001年ブザンソン国際指揮者コンクールの優勝で一躍脚光を浴びる。
国内の主要オーケストラに定期的に招かれる一方、サンタ・チェチーリア国立アカデミー管、チェコ・フィル、シュツットガルト放送響、ロワール管、南西ドイツフィル、シリコンバレー響をはじめとした国際舞台での活躍が目覚ましい。
2006年に読売日本交響楽団初代正指揮者、2013年4月から2017年3月まで同団の首席客演指揮者を務める。その間、2011年には広島ウインドオーケストラ音楽監督、2014年には京都市交響楽団常任客演指揮者に就任。更に2017年4月からは同団常任首席客演指揮者、広島交響楽団音楽総監督に就任。
京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻教授。
2002年出光音楽賞、渡邉曉雄音楽基金音楽賞、2006年第17回新日鉄音楽賞・フレッシュアーティスト賞、2007年第6回齋藤秀雄メモリアル基金賞、平成24年度(第63回)芸術選奨文部科学大臣賞、平成25年度第46回MBC賞、2014年度第44回東燃ゼネラル音楽賞奨励賞、2016年南日本文化賞・特別賞などを受賞。
鹿児島市ふるさと大使。おじゃんせ霧島大使。
公式ホームページ http://www.tatsuyashimono.com/
 

小山実稚恵(こやま・みちえ)/ピアノ

人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。チャイコフスキー国際コンクール、ショパン国際ピアノコンクールの二大コンクールに入賞以来、今日に至るまで、コンチェルト、リサイタル、室内楽と、常に第一線で活躍し続けている。2006年~17年までの壮大なシリーズ『12年間・24回リサイタルシリーズ』は、その演奏と企画性に於いて高い評価を受けた。これまでに国内の主要オーケストラはもとより、チャイコフスキー・シンフォニー・オーケストラ、ベルリン響、ロイヤル・フィル、BBC響、シンフォニア・ヴァルソヴィア、ワルシャワ・フィル、モントリオール響などと共演しており、国際的指揮者との共演も数多い。協奏曲のレパートリーは60曲を超える。東日本大震災以降、被災地でも演奏を行い、仙台では被災地活動の一環として自ら企画立案したプロジェクト「こどもの夢ひろば“ボレロ”」を毎年開催している。ソニーから30枚目となる『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』をリリース。また著書には『点と魂と』がある。
05年度 文化庁芸術祭大賞、13年度 東燃ゼネラル音楽賞本賞、15年NHK交響楽団「有馬賞」受賞、15年度 文化庁芸術祭優秀賞、16年度 芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2018年度 大阪市市民表彰を受ける。2017年度には、紫綬褒章を受章。

 

NHK交響楽団 NHK Symphony Orchestra, Tokyo/管弦楽

NHK交響楽団の歴史は、1926年にプロ・オーケストラとして結成された新交響楽団に遡る。その後、日本交響楽団の名称を経て、1951年NHK交響楽団と改称。今日に至るまで、カラヤン、アンセルメ、カイルベルト、マタチッチなど世界一流の指揮者を次々と招聘し、歴史的名演を残している。
近年N響は、年間54回の定期公演(NHKホール、サントリーホール)をはじめ、全国各地で約120回の演奏活動を行っている。また、2013年8月にはザルツブルク音楽祭に初出演、2017年春にベルリン、ウィーンをはじめ、ヨーロッパ主要7都市で公演を行うなど、その活動ぶりと演奏は国際的にも高い評価を得ている。
現在N響が擁する指揮者陣は、首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィ、名誉音楽監督シャルル・デュトワ、桂冠名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット、桂冠指揮者ウラディーミル・アシュケナージ、正指揮者 外山雄三、尾高忠明。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。