• TOP
  • 公演情報
  • 大塚直哉レクチャーコンサート ポジティフ・オルガン in アンサンブル

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

音楽

大塚直哉レクチャー・コンサート    ポジティフ・オルガン in アンサンブル

大塚直哉レクチャー・コンサート    ポジティフ・オルガン in アンサンブル

2017年8月27日(日)14:00開演

※当日券は、開演の1時間前より音楽ホール入口受付にて販売します。

一般発売

1回券・セット券※:2017年1月28日(土)

メンバーズ発売

1回券・セット券※:2017年1月21日(土)

チケットの購入方法

当日券あり


※本公演と『オルガン・レクチャー ポジティフ・オルガンでたどる、むかしの鍵盤音楽の宝庫 その2~スウェーリンクを中心に~』2017年5月28日(日)11:00開講の2公演セット券 5月28日レクチャー詳細はこちら

さまざまな楽器や声楽との相性が良く、アンサンブルではまた違った存在感をみせるポジティフ・オルガン。
ゲスト演奏家を迎えての演奏をたっぷりとお楽しみいただきながら、オルガン・アンサンブルの世界をご紹介します。

【8/27大塚直哉レクチャー・コンサート ポジティフ・オルガン in アンサンブル】大塚直哉さんコメント

公演インフォメーション

日時

2017年8月27日(日) 14:00開演

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

出演

大塚直哉(オルガンとお話)、
大西律子・荒木優子(バロック・ヴァイオリン)、
髙橋弘治(バロック・チェロ)

曲目

J.S.バッハ:《組曲 ホ長調》BWV1006aより
パッヘルベル:カノンニ長調
コレルリ:トリオ・ソナタホ短調 作品3-7
サンマルティーニ:オルガン協奏曲イ長調 作品9-1
J.S.バッハ:コラール「主イエス・キリスト、われらを顧みたまえ」
J.S.バッハ:コラール「目覚めよ、と呼ぶ声あり」
D.ガブリエリ:チェロ・ソナタト長調
コレルリ:ヴァイオリン・ソナタ第5番 ト短調 作品5-5
モーツァルト:教会ソナタハ長調 KV336


【アンコール曲】
J.S. バッハ:《管弦楽組曲第3番》より<エア>

託児サービス

2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝日を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)

【大塚直哉によるオルガン・レクチャーセット券】
全席自由・2700円 ※30セット限定

本公演と『オルガン・レクチャー ポジティフ・オルガンでたどる、むかしの鍵盤音楽の宝庫 その2~スウェーリンクを中心に~』(2017年5月28日(日)11:00開講)の2公演セット券
5月28日レクチャー詳細はこちら

【1回券】
全席自由・2,000円

発売日

【一般】1回券・セット券: 2017年1月28日(土)
【メンバーズ】
1回券・セット券:2017年1月21日(土)

プロフィール
PROFILE

大塚直哉(おおつか・なおや)/オルガン・講師

profile

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻、アムステルダム音楽院チェンバロ科およびオルガン科修了。「アンサンブル コルディエ」「バッハ・コレギウム・ジャパン」などのアンサンブルにおける通奏低音奏者として、またチェンバロ、オルガン、クラヴィコードのソリストとし て活躍。また、こうした古い時代の鍵盤楽器に初めて触れる人のためのワークショップを全国各地で行なうなど、後進の育成とバロック音楽の普及にも力を注い でいる。現在、東京藝術大学音楽学部准教授、国立音楽大学非常勤講師。宮崎県立芸術劇場、彩の国さいたま芸術劇場のオルガン事業アドヴァイザーを務める。 NHK-FM「古楽の楽しみ」案内役として出演中。
公式HP http://homepage3.nifty.com/utremi/

大西律子(おおにし・りつこ)/バロック・ヴァイオリン

profile

国立音楽大学卒業。第14回古楽コンクール(山梨)第3位入賞。
「カンタータ・ムジカ・Tokyo」「Millennium Bach Ensemble」「モーツァルト・アカデミー・トウキョウ(MAT)」「ヨハネス・カントーレス」のコンサート・マスター、など、古楽・モダンを問わず様々な室内楽グループやオーケストラで活動中。「国分寺チェンバー・オーケストラ」の弦楽器トレーナー、国立音楽大学非常勤講師。

荒木優子(あらき・ゆうこ)/バロック・ヴァイオリン

profile

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学研究科修了。在学中に桐朋学園オーケストラと共演し、1998年には文化庁より派遣され、トルコ・イスラエルでのコンサートに出演。ヴァイオリンを辰巳明子氏に、バロック・ヴァイオリンを若松夏美氏に師事。「バッハ・コレギウム・ジャパン」、「オーケストラ・リベラ・クラシカ」、「レ・ボレアード」など日本の代表的な古楽オーケストラやアンサンブルの主要なメンバーとして活躍し、数多くのコンサート及びCD録音に参加している。

髙橋弘治(たかはし・こうじ)/バロック・チェロ

profile

桐朋学園大学音楽学部卒業、ブリュッセル王立音楽院古楽器科修了。2001年から2007年までラ・プティット・バンドのメンバーとしてヨーロッパ各地で演奏活動を行なう。帰国後はモダン、古楽の分野の両方でソロ、室内楽、オーケストラの演奏を日本各地で行なっている。現在、古楽アンサンブル『ムジカ・レセルヴァータ』メンバーとして活発な演奏活動を行う一方、桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」名古屋教室にて後進の指導に当たる。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.70

P.14 もっと知りたい!ポジティフ・オルガン 大塚直哉レクチャー・コンサート ポジティフ・オルガン in アンサンブル 取材・文◎榊原律子
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。