• TOP
  • 公演情報
  • 松竹大歌舞伎 ※公演会場は【熊谷文化創造館さくらめいと】です。

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

演劇

平成29年度(公社)全国公立文化施設協会主催    東コース

平成29年度(公社)全国公立文化施設協会主催    東コース

松 竹 大 歌 舞 伎

中村橋之助改め八代目中村芝翫襲名披露
中村国生改め四代目中村橋之助襲名披露
中村宗生改め三代目中村福之助襲名披露

2017年7月28日(金) 【昼の部】開演12:30 【夜の部】開演17:00
熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール

一般発売

2017年6月3日(土)

メンバーズ発売

2017年5月27日(土)

当日券なし

 

※熊谷文化創造館さくらめいとでのチケット発売は、6/3(土)10:00~となります。
また同館でのSAFメンバーズチケットのお取扱いはございませんのでご了承ください。

 

 

 

           猩 々     中村錦之助
           猩 々 生改め  中村橋之助
           猩 々 生改め  中村福之助
           酒 売 芝喜松改め中村梅 花 

          

           橋之助改め中村芝  
           生改め  中村橋之助
           生改め  中村福之助
                   幹部俳優出演

                       

 

          熊谷直実   橋之助改め中村 
                     中村扇 雀
                 生改め 中村橋之助 *昼公演出演
                                                 生改め 中村福之助 *夜公演出演         
                                市川高麗蔵
         毫弥陀六            中村歌 六
         源 義経      中村梅 玉

あらすじ

一、猩々(しょうじょう)


中国は揚子のほとり。酒を好物とする猩々が、酒売りのもとに現れ、今日も酒を所望します。猩々はうれしそうに酒を飲むと上機嫌となり、酒の徳を謳いながら舞を舞って見せます。やがて猩々は、いくら飲んでも尽きない酒壷を酒売りに与えると去っていくのでした。
水の中に棲む酒好きで無邪気な中国の伝説の霊獣、猩々を巧みに表現した、格調高い華やかな舞踊をご覧いただきます。

 

二、口上(こうじょう)


裃姿の俳優が舞台に並び、皆様に八代目中村芝翫、四代目中村橋之助、三代目中村福之助の襲名披露のご挨拶を申し上げる華やかな一幕です。

 

三、熊谷陣屋(くまがいじんや)

 

熊谷直実が自らの陣屋に戻って来ると、国元にいるはずの妻相模が陣屋を訪れています。熊谷は、相模と敦盛の母藤の方に一ノ谷の合戦で平敦盛を討った次第を語り、源義経のもとに敦盛の首を届けようとします。そのとき奥から義経が現れ、その場での首実検を命じます。熊谷が首を差し出すと、そこには熊谷の一子小次郎の首。義経は、後白河法皇の落胤である敦盛を救うよう密かに制札に託しており、その意を汲んだ熊谷は、我が子を身替りにしたのでした。そこへ梶原平次景高が頼朝へ言上すると駆け出しますが、石屋の弥陀六により梶原は絶命します。義経は、弥陀六が平家の残党、弥平兵衛宗清であると見抜き、救った敦盛を託します。そして熊谷は…。
人生の儚さが胸をうつ義太夫狂言屈指の名作を、新芝翫が襲名披露狂言として、四世芝翫の型で演じます。

公演インフォメーション

日時

2017年7月28日(金) 【昼の部】開演12:30 【夜の部】開演17:00
※開場は各30分前

会場

熊谷文化創造館さくらめいと 太陽のホール
〒360-0846 熊谷市拾六間111-1
 

【電車】
JR高崎線 籠原駅
○タクシー:籠原駅南口より約5分
○徒歩:籠原駅南口より約15分
※当日は籠原駅(南口)~さくらめいと間の臨時無料バスを運行します。

 

《バス運行スケジュールについて》
 開演時間に合わせて往復運行いたします。
【昼の部】11:30から約15分間隔で運行します(最終12:15出発予定)
【夜の部】16:00から約15分間隔で運行します(最終16:45出発予定)
 
※終演後の帰りのバス(籠原駅行き)の発車時刻・乗り場は当日会場でお知らせいたします。

《臨時バス乗り場》

【お車】
国道17号「自衛隊入口」交差点より2km
国道140号バイパス「武体西」交差点より2km
○無料駐車場400台

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

共催

公益財団法人熊谷市文化振興財団

製作

松竹株式会社

同時解説イヤホンガイドあり(有料)



イヤホンガイドとは…
舞台の進行に合わせて、あらすじ・衣裳・道具・音楽・歌舞伎独特の約束事などを、ご観劇の邪魔にならないようタイミング良くご説明する音声ガイドです。お芝居の見どころや聞きどころも逃さずお楽しみいただけるよう解説しますので、歌舞伎がよりいっそう面白くなります。     

使用料/700円
※10名以上のグループでのご利用には、割引もございます。
(グループでのご利用の場合にのみ事前予約が必要です)
詳しくはイヤホンガイドHPにて

託児サービス

ことぶきキッズルームにお問い合わせください。
(有料/予約制)

TEL:048-532-2916(月~金/10:00~16:00)
FAX:048-532-2895(随時)

チケットインフォメーション

当日券なし

料金
(税込)

【全席指定】
S席6,500円/A席4,000円/B席2,000円/U-25(A席のみ)1,000円
メンバーズS席6,000円/A席3,600円
※U-25チケットの取扱いは、彩の国さいたま芸術劇場、埼玉会館、SAFチケットセンター、
 さくらめいと(窓口・電話)のみ。公演当日要身分証明書提示。
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

発売日

【一般】2017年6月3日(土)
【メンバーズ】2017年5月27日(土)

※熊谷文化創造館さくらめいとでのチケット発売は、6/3(土)10:00~となります。
また同館でのSAFメンバーズチケットのお取扱いはございませんのでご了承ください。

 

プロフィール
PROFILE

中村芝翫(なかむら・しかん)

昭和40年8月31日生まれ。七代目中村芝翫の次男。45年5月国立劇場『柳影澤蛍火』の吉松君で中村幸二の名で初舞台。55年4月歌舞伎座『沓手鳥孤城落月』の裸武者石川銀八ほかで三代目中村橋之助を襲名。61年名題適任証取得。平成28年10・11月歌舞伎座『熊谷陣屋』の熊谷直実ほかで八代目中村芝翫を襲名。

中村橋之助(なかむら・はしのすけ)

平成7年12月26日生まれ。中村芝翫の長男。祖父は七代目中村芝翫。12年9月歌舞伎座の『京鹿子娘道成寺』の所化と『菊晴勢若駒』の春駒の童で初代中村国生を名のり初舞台。28年10・11月歌舞伎座『連獅子』の狂言師後に仔獅子の精ほかで四代目中村橋之助を襲名。

中村福之助(なかむら・ふくのすけ)

平成9年11月13日生まれ。中村芝翫の次男。祖父は七代目中村芝翫。12年9月歌舞伎座『京鹿子娘道成寺』の所化と『菊晴勢若駒』の春駒の童で初代中村宗生を名のり初舞台。28年10・11月歌舞伎座『連獅子』の狂言師後に仔獅子の精ほかで三代目中村福之助を襲名。

中村梅玉(なかむら・ばいぎょく)

昭和21年8月2日生まれ。六代目中村歌右衛門の養子となり、31年1月歌舞伎座『蜘蛛の拍子舞』の福才で二代目加賀屋福之助を名のり初舞台。42年4・5月歌舞伎座『絵本太功記』の十次郎と『吉野川』の久我之助ほかで八代目中村福助を襲名。平成4年4月歌舞伎座『金閣寺』の此下東吉と『伊勢音頭』の福岡貢で四代目中村梅玉を襲名。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.68

p.18 平成29年度公文協東コース松竹大歌舞伎 文◎川添史子
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。