• TOP
  • 公演情報
  • 彩の国さいたま寄席 四季彩亭~精鋭若手落語会~

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

演劇

彩の国さいたま寄席 四季彩亭 ~精鋭若手落語会~

彩の国さいたま寄席 四季彩亭 ~精鋭若手落語会~

春の四季彩亭は、平成19年度彩の国落語大賞受賞、その後も大車輪の活躍を続ける柳家三三をゲストに、三遊亭遊馬、三遊亭彩大ら若手落語家たちによる競演会。どうぞお楽しみに。


2016年4月15日(金) 開演14:00

一般発売

2016年1月15日(金)

メンバーズ発売

2016年1月9日(土)

チケットの購入方法

当日券あり

公演インフォメーション

日時

2016年4月15日(金) 開演14:00

会場

彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

出演

柳家三三(ゲスト)、三遊亭遊馬、三遊亭彩大 立川志の八、春風亭昇羊

根多(ネタ)

昇羊   寿限無
志の八  悋気の独楽(りんきのこま)
遊馬     妾馬(めかうま)
~仲入り~
彩大  島の学校
三三    蛙茶番

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

託児サービス
2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝日を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)

【全席指定】

※ゆうゆう割引は、窓口(彩の国さいたま芸術劇場)のみ取扱い

発売日

【一般】2016年1月15日(金)
【メンバーズ】2016年1月9日(土)

プロフィール
PROFILE

柳家三三 (やなぎや・さんざ)

profile

昭和49年神奈川県小田原市出身。平成5年十代目柳家小三治に入門、前座名 小多け。平成8年二ツ目昇進、三三に改名。平成18年真打昇進。平成19年度彩の国落語大賞、平成19年度文化庁芸術祭大衆芸能部門新人賞、平成21年度花形演芸大賞・大賞、平成27年度(第66回)芸術選奨 文部科学大臣新人賞(大衆芸能部門)をそれぞれ受賞。噺の巧みさに定評がある。毎月東京で開く「月例三三独演会」、全国を回る「たびたびさんざ」は、各地で落語ファンを増やし、古典落語の若き本格派として人気と期待を集める一方、狂言「佐渡狐(さどぎつね)」を原案にした新作「亀の甲」にも取り組むなど新境地を自ら切り開く姿勢は高く評価され、将来を益々期待されている。

三遊亭遊馬(さんゆうてい・ゆうば)

profile

昭和45年埼玉県桶川市出身。平成6年三遊亭小遊三に入門、前座名 遊だち。平成10年二つ目昇進、遊馬に改名。平成20年真打昇進。平成17年第15回北とぴあ若手落語家競演会大賞、平成18年第3回車力寄席グランドチャンピオン大会優勝。平成22年度国立演芸場花形演芸大賞銀賞、平成26年度芸術祭賞大衆芸能賞を受賞。「佐野山」、「蛙茶番」が得意ネタ。声の大きさなら落語界随一!?古典落語が得意。

三遊亭彩大(さんゆうてい・さいだい)

profile

昭和46年さいたま市出身。平成13年三遊亭圓丈に入門、前座名 かぬう。平成16年二つ目昇進、ぬう生に改名。平成27年真打昇進、彩大(※埼玉(「彩」の国)の「大」宮 出身から)に改名。

立川志の八(たてかわ・しのはち)

profile

昭和49年横浜市出身。平成12年立川志の輔に入門、前座名 志の八。平成21年二ツ目昇進。平成23年第10回さがみはら若手落語家選手権 優勝、平成24年前橋 第四回若手落語家選手権 優勝。地元横浜や渋谷などで定例会を開き、精力的に活動している。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。