TOP > お知らせ > 【参加者募集】藤田貴大 演劇ワークショップ≪県内の中学生・高校生・大学生限定≫※終了いたしました。

彩の国さいたま芸術劇場 |

シネマ・イベント

【参加者募集】藤田貴大 演劇ワークショップ≪県内の中学生・高校生・大学生限定≫※終了いたしました。

2014.7.15

―夏休み特別企画―

<埼玉県内在住在学の中学生・高校生・大学生限定>

藤田貴大(劇作家・演出家・<マームとジプシー>主宰)
演劇ワークショップ

 

埼玉県芸術文化振興財団では、劇場の活動を広く県民の皆さんに知っていただくため、公演以外にも稽古場見学会をはじめとした、さまざまな活動を行っています。
今回は【夏休み特別企画】と題し、「埼玉県内在住在学の中学生・高校生・大学生」を対象とした「演劇ワークショップ」を開催することになりました!
今回このワークショップを指導いただくのは、劇団<マームとジプシー>の主宰、脚本と演出を務める藤田貴大(ふじた・たかひろ)さん。桜美林大学で演劇を専攻していた藤田さんは、2007年に<マームとジプシー>を旗揚げ。2012年に演劇界の芥川賞とも言われる岸田國士戯曲賞を受賞。象徴するシーンのリフレインを別の角度から見せる映画的手法を舞台作品に取り入れる独特な演出スタイルは注目を浴び、2013年8月に上演された『cocoon』(原作:今日マチ子)は、当劇場の芸術監督・蜷川幸雄も「うちのめされた!!」と大絶賛しました。
若手劇団の中で、今最も注目されている劇団のひとつ<マームとジプシー>を率いる藤田貴大さんの演劇ワークショップを通して、表現の可能性や新たな演劇の一面、舞台芸術の発見に繋がるはず!役者を志している人でも、あまりお芝居や演劇に触れたことがない人でも、誰でも参加できる「演劇ワークショップ」。皆さんのご応募をお待ちしています!
 


 

藤田貴大(劇作家・演出家)とマームとジプシー
 

2007年、藤田貴大が全作品の脚本と演出を務める演劇団体として<マームとジプシー>を設立。作品ごとに出演者とスタッフを集め創作を行っている。2011年6月~8月にかけて上演した三連作『かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと、しおふる世界。』で藤田貴大が第56回岸田國士戯曲賞を26歳で受賞。2013年5月6月、『てんとてんを、むすぶせん。からなる、立体。そのなかに、つまっている、いくつもの。ことなった、世界。および、ひかりについて。』で劇団初の海外公演(イタリア・チリ)を成功させた。同年8月、沖縄戦に動員された少女たちより着想を得た今日マチ子の代表作である漫画『cocoon』を東京芸術劇場シアターイーストで上演。様々な雑誌や新聞各紙に取り上げられ、演劇のみならず様々なジャンルの作家や批評家、観客にインパクトを与えた。2014年3月~5月にかけて、川上未映子の書き下ろし作品を一人芝居で全国7都市8会場にて巡演。今年の秋には、『てんとてん~』(再演)でヨーロッパツアーに挑む。藤田の出身地である北海道での劇団公演も積極的に行っている。藤田自身はマームとジプシーの活動の他に、2011年11月中勘助『犬』を原案にしたオリジナルの演劇作品の発表(Producelab89『官能教育』へ参加)や2012年11月、2013年3月北九州芸術劇場プロデュース公演『LAND→SCAPE/海を眺望→街を展望 』、2012年1月福島県立いわき総合高等学校で演劇を専攻する生徒と発表した『ハロースクール、バイバイ』など、演劇経験を問わず様々な年代との創作を行っている。先日の北海道伊達公演の際は地元の高校演劇部員たちを集め、演劇ワークショップを行った。今年の秋には野田秀樹の名作『小指の思い出』の演出にも挑戦。演劇活動以外には、今日マチ子(漫画家)との共作漫画、短編小説の発表など、活動は多岐にわたる。

 

マームとジプシー公式サイト http://mum-gypsy.com/



 



●日 時
2014年8月16日(土) 午前12時(正午)から (約2時間)

●会 場
彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

●定 員
20名(参加費無料)

●対 象
埼玉県内在住在学の中学生・高校生・大学生
 



●申し込み方法
ハガキ・メールに下記①~⑥をご記入の上、締切日までにご応募ください。
*応募者多数の場合は抽選とさせて頂きます。当選通知の発送をもって抽選結果の発表に代えさせていただきます。
【記入事項】
 ①郵便番号・住所 ②氏名(フリガナ) ③年齢 ④学校名・学年
 ⑤電話番号 ⑥希望人数(2名まで)
 *2名様でご応募の場合、同伴者の方の②~④もあわせてご記入ください。
 *同伴者の方も中・高・大学生に限ります。

●応募先
≪ハガキ≫
 〒338-8506 さいたま市中央区上峰3-15-1
 彩の国さいたま芸術劇場 藤田貴大 演劇ワークショップ 係
≪メール≫
 play@saf.or.jp ※件名に、「8/16演劇ワークショップ」と入れてください
 ※終了いたしました。

●応募締切
2014年8月1日(金)必着(メールの場合は、1日の23:59まで受付)

●お問い合わせ
彩の国さいたま芸術劇場(演劇担当)048-858-5500(休館日を除く10:00~19:00)
 

◎ チケット情報

◎ チケット購入方法

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踊
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室
pagetop