彩の国さいたま芸術劇場
彩の国さいたま芸術劇場

検索

  • TOP
  • 公演情報
  • ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『コンタクトホーフ』

公演情報
performance information

彩の国さいたま芸術劇場

ダンス

彩の国さいたま芸術劇場開館20周年記念 ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『KONTAKTHOF ―コンタクトホーフ』

彩の国さいたま芸術劇場開館20周年記念 ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団『KONTAKTHOF ―コンタクトホーフ』

20世紀の舞台芸術に革命を起こしたピナ・バウシュ、伝説の作品が甦る!

2014年3月20日(木)~3月23日(日)全4回

一般発売

2013年12月1日(日)
 

メンバーズ発売

2013年11月24日(日)

ダ ンスと演劇の垣根を越えた「タンツテアター」で独自の世界を切り開いてきたピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団による来日公演!演目は1978年初演の代表作『コンタクトホーフ』。舞台は公民館のようなフロア。壁際には椅子が並べられ、1930 年代ドイツのポピュラー音楽が流れる中、男女が集い、互いに相手を惹き付けようとあの手この手で奮闘します。そこはさまざまな感情がぶつかる場所。
ピナが愛してやまなかった本作は、同舞踊団のみにとどまらず、ダンス経験のない高齢者や少年少女たちによっても上演され世界各地で注目されてきました。国内では、1986年の初来日時以来、実に28年振りの上演です。この貴重な機会を、みなさまどうぞお見逃しなく。
 






公演インフォメーション

日時

2014年3月 20日(木) 開演19:00、21日(金・祝)・22日(土) 開演15:00、
23日(日) 開演14:00

※演出の都合により、開演時間に遅れますとお席への案内ができない場合がございます。
 予めご了承ください。

上演時間

約2時間50分 (第1部=1時間40分  休憩20分  第2部=50分)

会場

彩の国さいたま芸術劇場 大ホール

演出・振付

ピナ・バウシュ

美術・衣裳

ロルフ・ボルツィク

出演

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

初演

1978年12月

主催・企画・制作

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

後援

ドイツ連邦共和国大使館/東京ドイツ文化センター

託児
2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
 (未就学児のご入場はご遠慮いただいております。)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(月~金9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席指定】

 ※舞台前面は張り出しの形状となります。前方3列(A列~C列)は段差がないため、
  
ステージを見上げる姿勢になりますので、予めご了承ください。
 ※S席の一部(1階席の前方壁側)は、シーンによっては舞台上で見えない部分がある
  場合がございます。
 ※A席(サイドバルコニー・2階席の一部)・B席は舞台上で見えない部分がある場合が
  ございます。ステージに近いサイドバルコニーは3分の1程度が見えなくなります。

 ※学生券でご入場になる方は公演当日、学生証をお持ちください。
 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。

 

発売日

【一般】2013年12月1日(日)
【メンバーズ】2013年11月24日(日)

プロフィール
PROFILE

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団

Tanztheater Wuppertal Pina Bausch

1973年、ドイツの工業都市にあるヴッパタール・バレエ団の芸術監督にピナ・バウシュが就任、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団と改称。ダンスと演劇を融合させた「タンツテアター」による斬新かつ衝撃的な話題作を次々に発表し、世界の舞台芸術界に多大な影響をあたえた。2009年、ピナは惜しくも逝去するが、その遺志を継ぎ舞踊団はその後も精力的に公演を行っている。1986年以来たびたび来日公演を行い、彩の国さいたま芸術劇場には1996年に初登場、2004年には『天地 TENCHI』を共同製作した。今回、5度目のさいたま公演となる。

公演関連記事

■「埼玉アーツシアター通信第47号」

2014年春『コンタクトホーフ』公演決定!

■「埼玉アーツシアター通信第48号」

ピナ・バウシュと『コンタクトホーフ』、タンツテアターとは何か
オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。