TOP > 公演情報 > 彩の国シネマスタジオ『光をくれた人』 ※前売券はございません。当日現金支払いのみ。

彩の国さいたま芸術劇場 |

シネマ・イベント

彩の国シネマスタジオ
『光をくれた人』

2018年1月
 25日(木)  10:30/14:00/18:00
 26日(金)  10:30/14:00/18:00
 27日(土)  10:30/14:00/18:00
 28日(日)  10:30/14:00

※前売券なし・当日現金支払いのみ・全席自由・各回入替制・整理券制



世界中が涙したラブストーリー、
最高のキャストとスタッフが集結した“愛の名作“。


M・L・ステッドマンの世界的ベストセラー小説『海を照らす光』を原作に、他人の子供を自分の娘として育てようとする灯台守とその妻の愛と葛藤の日々を描く。
メガホンを取るのは『ブルーバレンタイン』などのデレク・シアンフランス監督。元軍人の灯台守トムを「それでも夜は明ける」のマイケル・ファスベンダー、イザベル役を「リリーのすべて」のアリシア・ビカンダーが好演。
彼らがたどる数奇な運命、幸福と痛みに胸が熱くなる深い愛の物語―

あらすじ

二つの大洋がぶつかる大海の孤島に立つ灯台。
過去と未来、愛と憎しみ、罪と赦し、喪失と再生――
二つの間で引き裂かれながら、それでも遠くから海を照らす光がある。


第一次世界大戦争の傷跡により心を閉ざしたトムは、孤独だけを求め、オーストラリアの孤島で灯台守となった。しかし、美しく快活なイザベルが彼に再び生きる力を与えてくれた。彼らは結ばれ、孤島で幸福に暮らすが、度重なる流産はイザベルの心を傷つける。
ある日、島にボートが流れ着く。乗っていたのは見知らぬ男の死体と泣き叫ぶ女の子の赤ん坊。赤ん坊を娘として育てたいと願うイザベル。それが過ちと知りつつ願いを受け入れるトム。4年後、愛らしく育った娘と幸せの絶頂にいた二人は、偶然にも娘の生みの母親ハナと出会ってしまう――

 

公演インフォメーション

上映日時

2018年1月
 25日(木)  10:30/14:00/18:00
 26日(金)  10:30/14:00/18:00
 27日(土)  10:30/14:00/18:00
 28日(日)  10:30/14:00

会場

彩の国さいたま芸術劇場 映像ホール

作品情報

【監督】 デレク・シアンフランス
【原作】 『海を照らす光』(M・L・ステッドマン/古屋美登里訳/早川書房刊)
【出演】 マイケル・ファスベンダー, アリシア・ヴィキャンデル, レイチェル・ワイズほか

(2016年/アメリカ,オーストラリア,ニュージーランド/133分)
(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

主催

特定非営利活動法人埼玉映画ネットワーク

提携

彩の国さいたま芸術劇場

後援

埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会

チケットインフォメーション

料金
(税込)

【全席自由】
大人1,000円/学生500円*
※前売券なし・当日現金支払いのみ・各回入替制・整理券制
*学生証を確認する場合がございます。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER
施設利用について チケット情報

◎ チケット購入方法

チケット購入方法

◎ 公演カレンダー

2018

02

    12 3
4 5678 9 10
11 12 1314151617
18 192021222324
25 262728   

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踏
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室

◎ 休館日

2017

4月 10(月)・17(月)
5月 8(月)・15(月)・22(月)
6月 12(月)・19(月)・28(水)・29(木)
7月 3(月)・10(月)
8月 14(月)・28(月)
9月 4(月)・11(月)・25(月)
10月 16(月)・23(月)・30(月)・31(火)
11月 6(月)・13(月)・27(月)
12月 4(月)・11(月)・18(月)・30(土)・31(日)

2018

1月 1(月)・2(火)・3(水)・9(火)・15(月)・22(月)
2月 5(月)・13(火)・19(月)・26(月)
3月 12(月)・19(月)
pagetop