TOP > 公演情報 > レオニダス・カヴァコス ヴァイオリン・リサイタル

彩の国さいたま芸術劇場 |

音楽

レオニダス・カヴァコス ヴァイオリン・リサイタル

深遠な音で語りかける、現代屈指のヴィルトゥオーゾ
 
2017年11月19日(日) 15:00開演

※当日券は、開演の1時間前より音楽ホール入口受付にて販売します。

チケットインフォメーション
【一般発売】

2017年6月10日(土)

【メンバーズ発売】

2017年6月3日(土)

当日券あり

チケットの購入方法

現代最高のヴァイオリニストとして名高いレオニダス・カヴァコスが彩の国さいたま芸術劇場に初登場します。その繊細で緻密な音楽へのアプローチ、透明感のある美しい音色と完璧なまでのテクニックは世界中の聴衆を魅了し続けてきました。世界トップクラスのオーケストラや指揮者と共演するソリストとして、また室内楽奏者として、その存在感は年を重ねるごとに増すばかりです。

ピアニストは、ソリストとして国際的な活躍を続けながら、アンサンブル・ピアニストとして世界的名手たちからの信頼も厚いエンリコ・パーチェ。カヴァコスのパートナーとして各地で共演し、2013年に録音したベートーヴェン『ヴァイオリン・ソナタ全集』は、グラミー賞にノミネートされ話題となりました。

今回は、そのベートーヴェンにヤナーチェク、シューベルト、メシアンの作品を加えて編まれた、彼らならではの聴き応えたっぷりのプログラムを披露いたします。どうぞご期待ください。

 

 

9月30日の「アンサンブル・ウィーン=ベルリン」公演で見事なクラリネットを聴かせてくださったアンドレアス・オッテンザマーさんは、以前、レオニダス・カヴァコスさん、エンリコ・パーチェさんと共演したことがあるそうで、素敵なメッセージを寄せてくださいました!

 


「アンサンブル・ウィーン=ベルリン」アンドレアス・オッテンザマーさんからメッセージ

公演インフォメーション

日時

2017年11月19日(日) 15:00開演

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

出演

レオニダス・カヴァコス(ヴァイオリン)
エンリコ・パーチェ(ピアノ)

曲目

ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ
シューベルト:ヴァイオリンとピアノのための幻想曲 ハ長調 D 934
メシアン:主題と変奏
ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第10番 ト長調 作品96


【アンコール曲】
ストラヴィンスキー:《ペトルーシュカ》より〈ロシアの踊り〉
ドホナーニ:ハンガリー牧歌 作品32d

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

託児サービス
2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(土・日・祝を除く9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
レストラン・サービス


ご予約・お問合せ:TEL.048-854-1170(火曜~日曜10:00~20:00)


※本公演のチケット半券提示で、公演終了後に下記のサービスを実施します。
(半券の公演当日のみ有効)
■劇場1階「イタリアンレストラン・ペペロネ」
・ケーキセット 100円引き(750円→650円税別)
・お食事をご注文すると、ビールかワインあるいはソフトドリンクいずれか1杯サービス
 
※差し入れ用の楽屋花やスタンド花の手配も承ります。お気軽にご相談ください。
※劇場内にはペペロネカフェも併設しています。

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)

正面席:7,000円  バルコニー席:6,000円
U-25*:3,000円
メンバーズ正面席:6,300円
 
※U25*・・・公演時、25歳以下の方対象/ご入場時、身分証明書をご提示ください。
※バルコニー席はステージが見づらいお席です。予めご了承ください。

発売日

【一般】2017年6月10日(土)
【メンバーズ】2017年6月3日(土)

プロフィール

レオニダス・カヴァコス(Leonidas Kavakos)/ヴァイオリン

レオニダス・カヴァコスは今日もっとも人気の高いヴィルトゥオーゾ・ヴァイオリニストである。
アテネの音楽一家に生まれ、5歳から父にヴァイオリンの手ほどきを受け、続いてギリシャ音楽院でステリオス・カファンタリスに師事した。オナシス財団からの奨学金を得てインディアナ大学のマスタークラスでジョゼフ・ギンゴールドの教えを受け、1984年、アテネ・フェスティヴァルでデビューを飾った。
カヴァコスの名声は、1985年のシベリウス・コンクールと1998年のパガニーニ・コンクールの優勝によってたちまち全ヨーロッパに広まった。以来、数々の国際音楽祭にデビューし、世界のほとんどの主要オーケストラや多くの著名指揮者と共演を果たしている。
室内楽にも力を入れ、1992年からアテネのメガロンで自ら主宰する室内楽シリーズの芸術監督を務めている。また、世界の主要な室内楽音楽祭のいくつかにも定期的に参加して、選りすぐりのパートナーたちと共演している。
カヴァコスは幅広いレパートリーをこなし、めざましいプロジェクトで讃辞を集めている。それは、シベリウスの協奏曲(オリジナル版による)の初録音(BIS)に対して贈られた1990年グラモフォン賞から、最近リリースされたヒンデミットの協奏曲(Chandos)、イザイのソロ・ソナタとクライスラーの作品によるCD(BIS)、コルンゴルト(ARTE TV)とベルク(BBC TV)についてのテレビ・ドキュメンタリーに及んでいる。
最近では、北米の主なオーケストラと再び共演し、ロサンジェルス・フィルハーモニック、クリーヴランド管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団へデビューを飾り、LSOとはティルソン・トーマスの指揮で演奏し、カメラータ・ザルツブルクとはノリントンの指揮でツアーを行った。さらに足を伸ばして東京のNHK交響楽団にデュトワの指揮でデビューし、さらにラヴィニア音楽祭、ハリウッド・ボウル、BBCプロムスに再び出演した。BBCプロムスではブロムシュテット指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団と共演した。
今シーズンはいくつかの国際的なツアーなど重要な仕事を皮切りに、ヨーロッパや北米の多くのアンサンブルとの再演、パリ管弦楽団、トロント交響楽団、フィレンツェ五月祭へのデビュー、フランス(パリのルーヴル美術館)、ドイツ、イタリア、スイス各地でのリサイタルを予定している。
使用楽器は1734年製ストラディヴァリウス“Willemotte”。カヴァコスは最近、カメラータ・ザルツブルクの初の首席客演奏者に任命された。

profile
エンリコ・パーチェ(Enrico Pace)/ピアノ

イタリアのリミニ生まれ。1989年フランツ・リスト・ピアノ国際コンクールに優勝し、国際的なキャリアをスタート。以降、アムステルダム(コンセルトヘボウ)、ミラノ(ヴェルディ・ホール、スカラ座)や南米各地などで幅広く活動し、ラ・ロック・ダンテロン、ルツェルン、など多くの音楽祭にも出演している。
最近では、ネザーランド・フィル、フィレンツェ五月音楽祭管、ハンガリー国立フィル、エーテボリ響、ロンドン響等と共演。レオニダス・カヴァコスとは、ニューヨーク(カーネギー・ホール)、アテネ、フィレンツェ、ミラノ、アムステルダム、モスクワ、東京、ザルツブルク音楽祭、ボン・ベートーヴェン音楽祭でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全曲演奏を行ったほか、アメリカ、ヨーロッパ、中国各地でのデュオ・リサイタルに出演した。諏訪内晶子とは、日本各地とロンドン(ウィグモア・ホール)でリサイタルを予定。ソロでは、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ミュンヘンのヘルクレスザールなどに登場する。
ヴァイオリンのカヴァコス、ツィンマーマン、リザ・フェルシュトマンとパートナーを組んでおり、カヴァコスとチェロのパトリック・デメンガとはメンデルスゾーンのピアノ・トリオを録音(ソニー・クラシカル)。2013年1月にカヴァコスと録音したベートーヴェンのソナタ全曲(デッカ)は、グラミー賞にノミネートされた。また、ツィンマーマンとは、ブゾーニのヴァイオリン・ソナタ第2番、バッハのヴァイオリン・ソナタ全曲を録音している(ソニー・クラシカル)。ソロでは、2011年にリストの「巡礼の年」より「スイス」と「イタリア」を録音(ピアノ・クラシックス)し、高い評価を得た。

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.71
P.14 ニューヨーク、ウィーン、アムステルダム――世界が今一番求めているヴァイオリニスト レオニダス・カヴァコス 文◎後藤菜穂子(音楽ライター)



【チケット取扱い】

■SAFチケットセンター

・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
 ※車いすをご利用の方はお電話にてご予約ください。
・SAFチケットオンライン
 ご購入はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。

■窓口
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
・埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00)アクセス

※U-25チケットは、SAFチケットセンター(電話、SAFチケットオンライン)、劇場窓口のみでのお取扱いとなります。

 
■プレイガイド
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ http://t.pia.jp 0570-02-9999(音声自動認識/Pコード:333-193)


【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER
施設利用について チケット情報

◎ チケット購入方法

チケット購入方法

◎ 公演カレンダー

2018

09

      1
2 345 67 8
9 101112 13 14 15
16 17 1819202122
23 24 2526 27 28 29
30       

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踏
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室

◎ 休館日

2018

4月 9(月)・16(月)・23(月)
5月 14(月)・21(月)
6月 4(月)・11(月)・18(月)
7月 2(月)・3(火)・9(月)・23(月)
8月 13(月)・20(月)・27(月)
9月 10(月)・18(火)
10月 9(火)・22(月)・29(月)
11月 5(月)・12(月)
12月 3(月)・4(火)・10(月)・17(月)・29(土)・30(日)・31(月)

2019

1月 1(火)・2(水)・3(木)・15(火)・28(月)
2月 12(火)・18(月)・25(月)
3月 4(月)・11(月)・18(月)・25(月)
pagetop