TOP > 公演情報 > 「次代へ伝えたい名曲」 第2回 仲道郁代 ピアノ・リサイタル

彩の国さいたま芸術劇場 |

音楽

彩の国さいたま芸術劇場開館20周年記念       彩の国さいたま芸術劇場シリーズ企画
「次代へ伝えたい名曲」 第2回      仲道郁代 ピアノ・リサイタル

現代日本を代表する実力あるベテランの音楽家たちが、「次代へ受け渡したい名曲」を奏でるシリーズ第2回

2014年11月8日(土) 開演14:00

※当日券は、開演の1時間前より音楽ホール入口受付にて販売いたします。
 

チケットインフォメーション
【一般発売】

2014年5月31日(土)

【メンバーズ発売】

2014年5月24日(土)

当日券あり

チケットの購入方法

現代日本を代表する実力あるベテランの音楽家たちが、「次代へ受け渡したい名曲」を厳選してお贈りする新シリーズ。第2回では、人気、実力ともに日本を代表するピアニスト、仲道郁代を迎えます。作品に真摯に向き合い、飽くことなき探究心で新境地を切り開く一方で、多彩なアイディアと情熱をもって、クラシック初心者が楽しめる魅力的なコンサートを次々に企画。詩情あふれる温かみのあるピアノで、音楽の素晴らしさを広く深く伝え、まさに音楽文化を次の世代へと受け渡しています。そんな彼女が選び抜いた珠玉のピアノ作品の数々を、どうぞじっくりとお楽しみください。

 

 

 

 

 

■出演者からメッセージ

 「次世代へ伝える名曲」プログラムということで、三善晃作曲《アン・ヴェール》を入れました。三善先生には桐朋学園高校、大学1年の頃に作曲の授業でお世話になりました。先生が「音楽家はうどんではなくて、そばが好きでないと駄目なんだよ。」とおっしゃいました。その時はよく理解出来ませんでしたが、今は、それは質感ということへのこだわりが大事、という意味だったのだと思っています。
 三善先生の作品とともにこまやかな感情を必要とする作品でプログラミングをさせていただきました。ピアノという大きな楽器からミクロの感覚を引き出すことが出来たら嬉しいです。

仲道 郁代

 

公演インフォメーション

日時

2014年11月8日(土) 開演14:00

会場

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール

出演

仲道郁代(ピアノ)

曲目

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第3番 変ロ長調 KV281
三善 晃:ピアノのためのアン・ヴェール
ドビュッシー:版画
ショパン:夜想曲第20番「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
ショパン:バラード第1番 作品23
ショパン:幻想ポロネーズ作品61
ショパン:アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ作品22

【アンコール曲】
ドビュッシー:《ベルガマスク組曲》より 第3曲〈月の光〉
エルガー:愛の挨拶

主催

公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団

助成

平成26年度 文化庁劇場・音楽堂等活性化事業

託児
2歳以上の未就学児に対して託児のご予約を承ります。
(本公演への未就学児の入場はご遠慮いただいております)
 
【お申し込み先】
株式会社コマーム
048-256-1666(月~金9:00~18:00)
※お子さま1人につき1,000円の負担金をいただきます。
※公演1週間前までにお申し込みください。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

チケットインフォメーション

当日券あり

料金
(税込)
券種 一般 メンバーズ
正面席 4,000円 3,600円
バルコニー席 3,000円
学生席(バルコニー席) 1,500円

 

 

 

 

 

発売日

【一般】2014年5月31日(土)
【メンバーズ】2014年5月24日(土)

プロフィール

profile
仲道郁代(なかみち・いくよ)/ピアノ

 国内外での受賞を経て1987年ヨーロッパと日本で本格的にデビュー。リサイタルも全国各地で開催しており、中でも「ベートーヴェン・ピアノ・ソナタ全曲演奏会」とレコーディングは、作品への真摯な取り組みと音楽性が高く評価され「ベートーヴェン弾き、仲道郁代」という評価を確固たるものとしている。近年は、ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなどの各シリーズ企画、毎年恒例となったサントリーホールでのコンサートなどが好評を得ている。
 他にも、子どもたちに音楽との幸せな出会いをして欲しいとスタートしたプログラム「不思議ボール」、各地の学校を訪問するアウトリーチ活動など、魅力的な内容とともに豊かな人間性がますます多くのファンを魅了している。
 レコーディングはソニー・ミュージックジャパンインターナショナルと専属契約を結び多数のCDをリリース。著作には『ピアノの名器と名曲』、『ショパン 鍵盤のミステリー』『ベートーヴェン 鍵盤の宇宙』(ナツメ社刊)等がある。テレビ番組、新聞、雑誌、ラジオなどメディアへの出演も多く、音楽の素晴らしさを広く深く伝える姿勢は多くの共感を集めている。
 2003年からは、地域社会の活性化と音楽文化の発展を目指し、一般財団法人地域創造理事、大阪音楽大学特任教授、2012年からは桐朋学園大学教授としても、積極的に活動している。http://www.ikuyo-nakamichi.com

公演関連記事

「埼玉アーツシアター通信」No.52
P.16~17 仲道郁代インタビュー 取材・文◎飯田有抄(音楽ライター)



【チケット取扱い】
■SAFチケットセンター
・電話 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
・SAFチケットオンライン
 ご購入はこちら
 ※初めてご利用になる方は利用登録(無料)が必要です。
■窓口
・彩の国さいたま芸術劇場(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
・埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00) アクセス
・熊谷会館(休館日を除く10:00~17:00) アクセス
■プレイガイド
・イープラス http://eplus.jp
・チケットぴあ http://t.pia.jp
 0570-02-9999(音声自動認識/Pコード:231-811)

【お問い合わせ先】
SAFチケットセンター 0570-064-939(彩の国さいたま芸術劇場休館日を除く10:00~19:00)
※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

オンラインチケット予約
SAFメンバーズ会員の方 一般の方

※当日券はご予約いただけません。

SAINOKUNI SAITAMA ARTS THEATER
施設利用について チケット情報

◎ チケット購入方法

チケット購入方法

◎ 公演カレンダー

2018

08

   1234
5 6 7 8 9 10 11
12 131415161718
19 202122 23 24 25
26 2728 293031 

◎ SAFメンバーズ

SAFメンバーズ

◎ メールマガジンのご案内

メールマガジンのご案内

◎ 関連動画

◎ 埼玉アーツシアター通信

埼玉アーツシアター通信

◎ コンサートカレンダー

コンサートカレンダー

◎ 財団公式ツイッター

  • 演劇
  • 舞踏
  • 音楽

◎ 劇場公式facebook

facebook

◎ 舞台芸術資料室

舞台芸術資料室

◎ 休館日

2018

4月 9(月)・16(月)・23(月)
5月 14(月)・21(月)
6月 4(月)・11(月)・18(月)
7月 2(月)・3(火)・9(月)・23(月)
8月 13(月)・20(月)・27(月)
9月 10(月)・18(火)
10月 9(火)・22(月)・29(月)
11月 5(月)・12(月)
12月 3(月)・4(火)・10(月)・17(月)・29(土)・30(日)・31(月)

2019

1月 1(火)・2(水)・3(木)・15(火)・28(月)
2月 12(火)・18(月)・25(月)
3月 4(月)・11(月)・18(月)・25(月)
pagetop